本文へスキップ

新しい視点で臨床検査を活動する NHMT

活動報告report


今さら聞けないシリーズ

『今さら聞けないシリーズ2(臨床検査の基本とピットフォール)』
  • 平成30年3月17日 (土) 大阪医療センター 研修棟  

  • 1. 感染症マーカーの基礎(メーカー講演)
    • その1. 『敗血症診断のバイオマーカー プレセプシン』
               神永 紗由里 先生(株式会社LSIメディエンス)   
    • その2. 『敗血症の診療とプロカルシトニン』
               田中 杏子 先生(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社)
  • 2. 今さら聞けないシリーズ 
    • 〜微生物検査部門〜 富田 元久 先生 (近畿中央胸部疾患センター)
    3. 肺機能検査のデータの考え方、日常点検について 
    •           永島 智正 先生(チェスト株式会社 )

  • 『今さら聞けないシリーズ1(臨床検査の基本とピットフォール)』  
     平成30年2月3日(土) 大阪医療センター 研修棟(旧社会保険事務所)
  • 1. 化学・免疫検査部門 村上 麻里子 主任 (大阪医療センター)
  • 2. 心電図検査の基礎  中村 勝暁 先生 (日本光電株式会社 カスタマーサービス本部)
  • 3. 今さら聞けないシリーズ  〜生理機能検査部門〜
                小原 伸之 副臨床検査技師長 (舞鶴医療センター)  
  • アンケート集計

    スキルアップ研修会

     平成29年12月9日(土)、大阪医療センター研修棟(旧社会保険事務所)にて開催されました。
    多くの方に参加して頂き、誠にありがとうざいました。研修会資料・写真を更新しました。

    資料は、無断転載・複製・複写・翻訳を禁止します。
    勉強会等での有効な使用に関しても作成者に必ず許可を得てください。

    (閲覧にはパスワードが必要です。)


    ≪ 第一部 ≫
    1.「基準値について」〜共用基準範囲の導入に向けて〜 新田 幸一 副臨床検査技師長 (姫路医療センター)

    ≪ 第二部 ≫
    2-1 生化学分野  浅田 高至主任 (京都医療センター)
    2-2 免疫血清分野 村上 麻里子 主任 (大阪医療センター)
    3 血液検査分野  小森 法子 主任 (刀根山病院)
    4 一般検査分野  川原 理美 技師 (姫路医療センター)
    5 輸血検査分野  成海 仁在 技師 (国立循環器病研究センター)
    6 生理機能検査分野 城 好人 主任 (国立循環器病研究センター)
    7 病理検査分野  藤岡 健一 主任 (神戸医療センター)
    8 微生物検査分野   小林 悠希 技師 (和歌山病院)


    写真集はこちら アンケート集計報告はこちら(更新日2018年2月18日)

    微生物研修会

     平成29年10月7日(土)、京都医療センターセンターにて開催されました。

    写真集はこちら(パスワードが必要)


    地区活動報告(2017年度)

    ・平成30年2月3日に奈良・和歌山地区活動が開催されました。
    ・平成30年1月28日に大阪府地区活動が開催されました。
    ・平成29年12月2日に兵庫県地区活動が開催されました。
    ・平成29年11月17・18日に滋賀県・福井区活動が開催されました。
    ・平成29年7月8日に京都府地区活動が開催されました。

    2017年地区活動報告ページはこちら
    (パスワードが必要)
    (2018.4.8更新)

    国立病院臨床検査技師協会近畿支部総会・学術集会 

     平成29年6月3日(土)から4日(日)にかけて、京都市西京区にあるホテル京都エミナースにて、第44回国立病院臨床検査技師協会近畿支部定期総会・学会が開催されました。参加者は、定期総会113名、懇親会92名、学会97名でした。多くの皆様のご参加、ありがとうございました。

    総会・学術集会のページはこちら

    基礎研修会

     去る平成29年5月13日(土)に大阪医療センター臨床検査科において、恒例となっております基礎研修会が開催されました。 基礎研修会は主に新人と部門ローテーション等で新たにその業務についた方を対象に例年行われている研修会ですが、今年も 大阪医療センターのカンファレンス室において、午前10時30分から樋口支部長による「国臨協活動の紹介」が行われ、引き続いて これも恒例となっておりますピペット操作についてザルトリウスジャパンの広島麻子先生による講義が行われました。
     現在ではピペットを 用いてマニュアル測定する機会は減っていますが、尚のことピペッティング操作について理解し操作手順を熟知することは大切なことです。 講義の後には、実際にピペットを操作しての実習も行われました。
     午後からは、輸血・一般検査・緊急検査部門に分かれて講義と実習を行いました。今年は新たに緊急部門で細菌検査のグラム染色の実習を行い、 参加者からは良かったという声が聞かれました。輸血は5名、一般4名、緊急は10名の参加でした。
     研修会終了後は、ささやかながら懇親会が開催されました。少しでも繋がりを深めようと数年前から始められた交流会ですが、フルーツポンチの ミニイベントもあり、和やかに研修会の疲れを癒していただけたのではないでしょうか。 講師を務めていただきました先生方、参加されたみなさんお疲れ様でした。

    学術研修会「明日から役立つ臨床(緊急)検査」

     平成29年2月25日(土)、12:30から大阪医療センター緊急災害医療棟2階研修室において、『明日から役立つ臨床(緊急)検査』と題して学術研修会が開催され81名が参加されました。  
     例年、5月のゴールデンウィーク明けには主に新人を対象とした基礎研修会を開催し、一般検査、輸血分野では実習も含め、また生化学・血液分野ではケーススタディを主とした講義を 行っていますが小人数に限られていました。新人だけではなく全会員を対象とした研修会を希望する声もありましたので、今回は座学ではありますが上記の分野以外(微生物、生理機能) も含め講演していただきました。それぞれ短い時間の中で、解りやすく上手くまとめていただたと思います。  
     また、緊急臨床検査士の受験対策に寄与できればと、研修会の冒頭には緊急臨床検査士を取得された京都医療センターの里部技師に、試験の内容についてと試験対策として何を勉強した か等をお話しいただきました。
    資料は、無断転載・複製・複写・翻訳を禁止します。
    勉強会等での有効な使用に関しても作成者に必ず許可を得てください。

    1.「緊急臨床検査士の受験について」 里部美咲技師(京都)
    2.「時間外検査で役立つ知識〜生化学・免疫編〜」松延大樹技師(大阪)
    3.「当直時に役立つ知識 〜血算・Diff・止血編〜」美代有史技師(大阪)
    4.「微生物領域における緊急検査」田栗貴博主任(大阪)
    5.「もう、これで安心!〜一般検査編〜」荒田紗和技師(循環器)
    6.「患者急変時に何をすべきか 〜生理機能検査 半年の経験から〜」 丸野大輝技師(京都)
    7.「時間外輸血検査について」相原美奈子技師(京都)

    写真集はこちら
    アンケート集計報告はこちら

    第2回超音波研修会

     平成29年1月14日(土)、13時から京都医療センター新中央診療棟4階視聴覚室
    写真集はこちら

    疾患に立ち向かう臨床検査 シリーズ10 〜甲状腺疾患〜

     平成28年12月10日(土)、京都医療センター看護助産学校3階視聴覚室
    (資料はパスワードが必要)
    「検査の選び方と読み方」 京都医療センター内分泌代謝内科診療部長 田上哲也先生 

    アンケート集計報告はこちら
    写真集はこちら

    微生物研修会

     平成28年10月22日(土)、大阪医療センター研修棟1階研修室に



    (資料閲覧にはパスワードが必要です。)

    ≪司会進行≫木下 幸保 副臨床検査技師長(南京都病院)、吉川 耕平 主任(兵庫中央病院)
    1.「血液培養の迅速報告」〜迅速報告がもたらしたもの〜 伊藤 千慧 技師 (京都医療センター) 2.血液培養検査ガイドラインについて」〜Cumitechに基づいて自施設の品質を検証する〜嶋谷 泰明 技師 (大阪医療センター)
    3.「抗酸菌検査」〜迅速な報告への取り組み〜 木原 実香 技師 (近畿中央胸部疾患センター)
    4.「集中治療領域における感染管理」 永田 万結 感染管理認定看護師 (国立病院機構大阪医療センター CCU)
    5.「臨床におけるTDMの重要性」 〜抗菌薬を中心に〜 島本 裕子 主任 (国立循環器病研究センター 薬剤部)
    アンケート報告はこちら(パスワードが必要)
    写真集はこちら(パスワードが必要)

    超音波実技講習会

    平成28年9月10日(土)、13時から京都医療センター生理機能検査室
    アンケート報告はこちら(パスワードが必要)
    写真集はこちら(パスワードが必要)

    精度管理研修会

    ・平成28年8月27日に京都医療センターにて、精度管理研修会を開催いたしました。


    精度管理ページは こちらから(パスワードが必要)

    地区活動報告(2016年度)

    ・平成29年2月25日に奈良・和歌山地区活動が開催されました。
    ・平成28年11月25日に滋賀県・福地区活動が開催されました。
    ・平成28年10月15日に大阪府・兵庫県地区活動が開催されました。
    ・平成28年7月9日に京都府地区活動が開催されました。

    地区活動報告は こちらから
    (パスワードが必要)

    心電図研修会が開催されました

    平成28年6月25日(土)
     京都医療センター4階視聴覚室

    アンケート集計報告(パスワード)
    写真集はこちら(パスワード)


    国立病院臨床検査技師協会近畿支部総会・学術集会 

    2016年6月11日(土)京都のホテルルビノ堀川

    総会・学術集会のページはこちら


    国立病院臨床検査技師協会近畿支部総会・学術集会 特別講演

    活動報告写真

    2016年6月11日(土)
    大阪研究家・相愛大学客員教授の前垣和義先生による「笑って健康! 大阪のおばちゃんに学ぶ人心掌握術」の講演が行われました。
    大阪のおばちゃんの持つコミュニケーション能力の高さ(これはおばちゃん達自身が自覚を持って行っていることでは無いのですが)を分析、納得させられるものでした。


    基礎研修会が開催されました

    平成28年5月7日(土)10時30分から大阪医療センター臨床検査科カンファレンス室

    アンケート集計結果はこちら
    写真集はこちら

    これからの検査科を担う人たちへ,疾患に立ち向かう臨床検査シリーズ

    第一部「これからの検査科を担う人たちへ」と題して、国立病院機構グループ・国立循環器病研究センターを担っていく中心的存在である主任技師、そして未来に向けて発展と向上への原動力となっていく技師の人達に向けて、これからを担う人達へエールを送る講演会を開催されました。

    午後より「疾患に立ち向かう臨床検査シリーズ」を開催しました。例年、特定の疾患を取り上げ、疾患からみた各分野における検査との結び付きを学んできましたが、今年は「周産期の臨床検査と産科婦人科疾患」をテーマに各分野の方々から講演をいただきました。

    詳細ページこちらから(旧ホームページへ)


国立病院臨床検査技師協会近畿支部

〒540-0006
大阪府大阪市中央区法円坂2-1-14

事務局

国立循環器病研究センター

臨床検査部内

565-8586

大阪府吹田市藤白台5-7-1